加賀市は何もない街、つまらない街。
高校生の私は毎日そう感じて過ごしていました。

しかし、プラスカガに参加したことによって、ただ加賀市で生活しているだけでは気がつくことができたなかった魅力や、人との出会い、たくさんの意見や加賀市には多くの課題があることなどを知り、貴重な経験、時間を過ごすことができました。また、高校生のときには毎日がマイナスに感じながら過ごしていた加賀市のことがプラスカガを通して私の中でプラスになってきました。
そして私は、今はまだマイナスの部分が多いと感じている人に、私が見てきた加賀市の素敵なところを発信していきたい、少しずつでも加賀市を魅力的に思ってもらいたいと考えています。

このような機会を貰うことができ、プラスカガに参加するという大きな一歩を踏み出して良かったと思えました。