地域と大学生がまちの未来をともにつくる

 

地域と大学生がまちの未来をともにつくる

 

大学生にとってのプラスカガ

「PLUS KAGA」は、大学生が主役となり、地域と協働し、人口減少が進む地域に新しい魅力と暮らしの豊かさをつくるプロジェクトを提案・実行していく新しいまちづくりの取り組みです。2016年にスタートして以来、これまで多くの大学生が地域の人々とともに様々なプロジェクトを市内各地で実現し、加賀市に新しいプラスの変化をもたらしはじめています。

大学生
 
STUDY

KAGAを知る

石川県加賀市ってどこ?

石川県加賀市

加賀って聞いたことあるけど、どこだろう?金沢の近く?と思うかもしれません。実は、石川県加賀市は石川県の最南端、お隣は福井県という立地にあります。金沢から電車で25分程度なのですが、今県内で一番人口減少のスピードが早く、次世代への魅力づくりが課題となっています。

総人口 総面積 人口減少率

そんな加賀市ですが、市内各地には歴史ある温泉が数多くあり、加賀温泉郷としても有名です。また、地域の人が愛する共同浴場の「総湯」や、九谷焼・山中漆器など、地域固有の文化が数多く存在します。PLUS KAGAでは、地域の人も気づかなかった加賀市の新しい魅力を、あなたならではの視点でぜひ見つけてみてください。

伝統工芸 山中漆器 丸谷焼
名物 温泉 カニ カモ
 
ENTRY

PLUS KAGAに参加する

PLUS KAGAでは、地域づくりについて考え、実践したい大学生を毎年募集しています。
PLUS KAGAは参加して終わる単発的なワークショップではなく、2年以上かかる継続的なプログラムを通して、自分自身でプロジェクトを立ち上げ、地域の方と実践して地域にプラスの変化をもたらすことを大切にしています。教室ではなく実際のフィールドでまちづくりを実践する機会を求めている大学生、自身のアイデアを加賀市で実現してみたい大学生など、熱意あふれる大学生の皆様のご参加をお待ちしております!

2020年度の大学生の
募集は終了しました

夏のワークショップのステップ

step1

イントロダクション
ウェルカムパーティ

参加者の顔合わせと地域の方々との
ウェルカムパーティを開催します

step2

フィールドワーク

地域の方々の案内とともに加賀市各地を
めぐり調査・魅力の発見を行います

step3

個別フィールドワーク

一人一人の関心をもとに
個人フィールドワークを行います

step4

プレゼン準備

調査で得た着想をもとに
プロジェクト企画をじっくり練ります

step5

公開プレゼンテーション

地域の方々に向けて企画内容の発表を行い
企画についてディスカッションします

 

PLUS KAGAローカルサポーターズ

PLUS KAGAに参加する大学生は、加賀市の地域の方に支えられてプロジェクト活動を行なっています。「PLUS KAGAローカルサポーターズ」とは、PLUS KAGAの運営や大学生のプロジェクトを支援する、地域住民有志の方々によってスタートしたコミュニティです。本気で大学生の力を信じ、大学生の活動をサポートしたいと思っている地域の方々との協働をぜひ楽しんでください!

 

参加学生の声

大学で学んだことを、実際に「地域の中に飛び込んで」生かしたいと思い参加しました。自分の視点で地域に新たな価値を生み出すアイデアを構想し、地域の方といかに協力するかなどの「生きた実践する力」を得られるところがPLUS KAGAの魅力です。

鈴木直輝 東京大学 2018年度参加

プロジェクトを進めるのは容易ではありませんが、ときには私たち学生を上回る熱量でプロジェクトに伴走してくれる加賀のみなさんとの関わりは、本当に楽しくて刺激的です。

小嶋熙 慶應義塾大学 2018年度参加

加賀市ならではの安心感がある一方で、加賀市に「もったいなさ」を感じていましたが、参加してから加賀市の消えていく日常に潜む面白いもの、可能性や魅力を自分の視点で発見し、新しい加賀市づくりを提案し実践できるのがとても面白いです。

井上周 金沢大学 2019年度参加
 
https://pluskaga.org/wp-content/s/original

SNS