地域と大学生がまちの未来をともにつくる

 

地域と大学生がまちの未来をともにつくる

 

大学生の加賀市での活動

「まちのいし」笏谷石からはじめるまちづくり

4期生 | 多摩美術大学 | 大内田光
4期生
 

プロジェクト概要

加賀市橋立に広がる歴史的な建造物の石垣と町の石畳には、笏谷石という石が使われています。その笏谷石の認知度を上げることが北前船の文化教育に役立ち、景観への関心が住民のまちづくり参加へのきっかけになるとし、散歩による町内の笏谷石の調査や石の活用方法を住民と探る話し合いなどを企画しました。


主催学生から


プロジェクト背景と経緯

江戸時代中期より北前船という商船の船主たちによって作られた加賀市橋立町には、彼らの築いた巨万の富により町には多くの豪邸があります。その石垣と町の石畳には笏谷石と呼ばれる高価な石が使われていますがこの石の生産が終了していることなど様々な原因で町の様々なところで石垣の崩壊などが起きています。また町中には崩壊した石垣以外にも処分に困る放置された石も数多く点在します。

ワークショップで初めて橋立を訪れた時は町の歴史的な施設などが集中する場所をよく見ましたが、ひとりでプロジェクトとして訪れてみると町の目立たないところで石垣崩壊や石の認知度の低さを目にしました。

笏谷石は北前船によって運ばれる各地の特産品を港で下した際に空になった船が転覆しないように重りとして積まれ、橋立にやってきました。それが家の石垣や石畳に使われています。笏谷石はいまの橋立の物理的な骨格を成すものでもありますが、繁栄の文化的な骨格でもあります。

そういった存在の笏谷石をまず知るところからまちづくりが始まると思い、このプロジェクトを企画しました。


プロジェクト実践

2020年の1月には石垣の崩壊度を調べて地図上にプロットしたデータをもとに町の方と情報を共有し、その後一緒に散歩の様に石を探しに町中を歩きました。住んでいると気付かないことに多く気付かされると、好評だったのでそれを発展させたことが出来るかなと思っています。

地域の人と笏谷石を知るために散歩を含むいくつかのイベント、ワークショップをこれから行おうと思っています。最終的に、石の生産が終了し違う石になったとしても昔の橋立の景観が思い出せるような場所が作れたらいいなと思っています。


地域の声

https://pluskaga.org/wp-content/s/original

SNS